看守 と 囚人 の 実験

Add: fuzaxiq16 - Date: 2020-11-29 07:58:52 - Views: 798 - Clicks: 6768

実験の続行を希望したという看守役の人間も、実験によって精神が汚染されてしまった被害者と言えるかも知れません。 早苗: 看守の中でも積極的に囚人を虐待したのは、およそ3分の1だったらしいです。. 監獄実験の被験者となり、看守と囚人に別れた12人の男女。むき出しになる被験者たちの邪悪な側面、実験をコントロールする13人目の存在V tuberソフィアの正体捜しへの追及。囚人と看守による壮絶なゲームの中、理性は失われ、事件は起こる。. マリの姉。格闘技雑誌ライター。視聴者。 ・コウキ. 同じ頃。 タレクと一夜を共にしたドラは、日が経つにつれ、タレクと再び会いたがります。 ドイツを去ってカナダに戻る前に、海辺を眺めたドラは、タレクの家に電話してみますが、留守電です。 タレクの家を訪問したドラは、郵便受けにメッセージを残そうとしました。 タレクが留守にしているので郵便物がたまっており、ドラが入れようとすると、郵便物がこぼれます。 そこに合いカギが入っているのを見つけたドラは、タレクの部屋に入りました。 タレクの部屋で過ごし、トーン教授との契約書に気付いたドラは、タレクが実験に参加して留守だと知ります.

駆け付けたM16が制止しますが、ヤマネは両足の拘束でM16の首を絞めて、仕返しをしました。 いそいで外すと「これは暴力じゃないから」と、ソフィアへ言い訳をします。 〔3日目〕 M16とマリが囚人のヤマネになめられていると、ゲーテに注意されます。 GUMIはゲーテの手下みたいになっており、次第に態度がえらそうになりました。 囚人にばかにされてはならないと、ゲーテがルールを作っていきます。 【看守と囚人の間で私語は禁止】 【囚人は看守に敬語を使わなくてはならない】 【ルールに従わない者には懲罰を与える】 ゲーテだけでなく、GUMIも囚人に対して嫌がらせを始めました。 トイレへ行きたがる囚人に対し、何度も同じことを言わせます。 囚人の中で一番目をつけられたのは、ヤマネでした。 ヤマネはトイレへ行かせてもらえず、もらします。 カメラの放送が終わってからも、ゲーテは囚人へ嫌がらせを続けました。 サングラスをかけているレンズに対し、眼鏡を渡せと何度も要求していました。 レンズは「度付きだから」と断り続けていましたが、ヤマネがトイレに行かせてもらえない懲罰を与えられているのを見て、サングラスを渡します。 取り上げたゲーテは、踏みつけて壊しました。 他者へ命令するのが好きではないマリは、落ち込みます。 看守には個室が与えられていました。 マリの個室へゲーテがくると、自分の方針にことごとく反対しているマリに対し、脅しの文句を吐きます。 GUMIは夜の警備の際に、囚人たちにわざと懐中電灯の光を当て、いじめていました。 〔4日目〕 【囚人はシャワーの際、片足をシャワーパイプに繋ぎとめること】 新たなルールが決められます。 この頃になると、ヤマネは無条件に聞き入れるようになっていました。 月曜がシャワーの許可を頼み、マリが付き添います。 どうせバレないと月曜が言い、拘束をせずにいたところ、わざわざゲーテが見に来ました。 異性の月曜のシャワーを見に来たので、月曜は怒りまくります。 命令するのが苦手なマリは、やめたいと言いました。 しかし看守が賛成せず、マリの意見は却下されます。 看守 と 囚人 の 実験 固執でマリは、泣きながらソフィアに訴えました。 泣き疲れて寝たマリは、起きてから囚人たちの牢を開け、逃げてくれと言います。 脱走したのはグレだけでした。 しかしM16とHが止めたため、囚人の脱走は失敗しました。. アメリカ・スタンフォード大学心理学部のフィリップ・ジンバルドー博士は部下に指示をして、“スタンフォード監獄実験”という、人体実験を行う企画を立案。 実験期間は1971年8月14日から2週間の予定で、スタンフォード大学の地下にある部屋と廊下を改造して、「スタンフォード郡刑務所」という名前をつけた実験室を作ります。 ジンバルドー博士は刑務所を舞台にして、一般的な人物が“特殊な肩書き”や地位を与えられると、役割に合わせた行動を起こすことを証明する実験でした。 新聞広告で集めた協力志願者は、1日15ドルという報酬を求めて集まったスタンフォード大学の学生たち、ジンバルドー博士たちは彼の面接を次々に行い、被験者20人を選びました。 そんな面接の際に当初の学生たちは、笑顔で看守は嫌われるから受刑者の役柄をやりたいなどの考えを口にしています。 しかし、選ばれた被験者はジンバルドー博士と実験を行うスタッフのみの協議で、被験者の半数を看守役と受刑者役にグループ分けを行ないました。 また、ジンバルドー博士の実験への思いは強行なものでした。囚人役に選ばれた学生に実験開始の宣告なしに、本物のパトカーと警官を用いて強制逮捕。 囚人役の学生の指紋採取、看守たちはの囚人の衣服を脱衣させ、シラミ駆除剤を彼らに散布。 囚人番号が記された白色の囚人服は、女性用のワンピースのようなものを下着なしで着用させ、キャップ帽に女性用のナイロンストッキングを被せました。 また、歩行することに不快感を与えるため囚人の片足には金属製の鎖が巻かれました。 一方で看守役たちにジンバルドー博士は、権力と威厳が必要だと、統一した衣装とサングラスを着用、警棒を装備させます。 ジンバルドー博士の狙いは、囚人たちから人間や男性としての尊厳を奪うことを目的として、屈辱感を囚人に味合わせたのです。 (スタンフォード大学といえば名門。ご理解いただけますよね、優等生にこの仕打ち。) 実験初日から看守と囚人の役割を実際の刑務所に近い環境下で演じさせると、時間が経つに連れ、次第に学生たちは自ら望んでその役柄に馴染んでいきます。 看守役に選ばれた被験者は看守らしくなり、受刑者役の被験者は囚人らしい行動をとるようになってしまいます。 すると、. 実験を始めて2日目には囚人側に不安や怒り、抑うつといった感情が芽生え始め、看守側にはすぐに攻撃的な行動が見られるようになったのです。 囚人の無気力状態が深刻になり、実験者の見ていないところで看守による囚人への暴行が始まったので、この. 看守 と 囚人 の 実験 「自分は悪くない、悪いのは命令をした上の人だ」 と、自己正当化をすることで解消します。 こうすることで、自分が感じる罪悪感を抑えたり、責任転嫁をして自分の気持ちを落ち着け用途するのです。 自己正当化は、自分が行っていることの重大さや問題を意図的に無視したり、続けるうちに罪悪感を感じないことから、他の人に対しても同様の理不尽な命令をしてしまう原因となります。. · 看守役は自ら囚人役に罰則を与えはじめ、反抗的な囚人を独房に監禁したり、バケツへの排便を強要するようになった。 これはかなわないと囚人役のひとりが実験の中止を求めたが、ジンバルドーは実験を続行した。. こうした環境下において看守役は自ら進んで囚人役に暴力的になって行きました。そうした看守役の行為に反発した囚人達は、集団の監房から連れ出され別の部屋に隔離され、その囚人達はバケツへの排便を強要されるに至ったとされています。 元の実験結果.

【公開】 年(アメリカ映画) 【監督】 カイル・パトリック・アルバレス 【キャスト】 ビリー・クラダップ、マイケル・アンガラノ、エズラ・ミラー、タイ・シェリダン、オリビア・サールビー 【作品概要】 『es エス』()『エクスペリメント』()でも描かれたスタンフォード監獄実験を『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ジャスティス・リーグ』のエズラ・ミラーがが壊れていく囚人役を熱演。 サンダンス映画祭3部門受賞ほか、世界中で絶賛された『スカイ・ハイ』のマイケル・アンガラノや『X-MEN:アポカリプス』のタイ・シェリダンたち注目の若手俳優共演の心理スリラー。 新宿シネマカリテの「カリコレ/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション」特集にて上映。. スタンフォード監獄実験(1971年)はスタンフォード大学で行われた心理学者ジンバルドーによる実験です。 ミルグラム実験同様この実験では人間は与えられた立場・役割が自分の行動や思考に影響を与えることがわかりました。. 1970年代に行われた禁断の心理実験【スタンフォード監獄実験】をモチーフにしたサスペンス・スリラー。 模擬刑務所の中で看守と囚人に割り振られた20人の被験者たち。. (C), Stanford Prison, LLC All Rights Reserved.

おさげの女性。秋田県からやってきた。マリを気に入る(同性愛)。 ・マリ. アメリカ映画だから暴力やイジメ描写は、きっと真実よりも温和に表現されているのかなと思いますね。(それに学生の長髪や髭面がどことなくコントぽいしね。) それでも、観客として、この映画を観ているだけで、いくらかの精神的なダメージを受けるこの作品。 用心しながらも観ていただくことをぜひ、オススメしますよ! 一般的な普通の学生とはいえ、閉じた狭い空間に入れられて、強い権力を与えられた人間と著しく力を奪われて持たなくなった人間では、権力を持つ方が歯止めが利かなくなり暴走行為を犯してしまう。 しかも、それは、個人的な性格に関係なく、権力者と非権力者という役割を与えられただけでその事態に陥る。 人間は誰でも何でもする生き物で、力のあるものに服従する存在に過ぎないのかも知れません。怖いですねー。 今作はサンダンス映画祭ほか、世界中で絶賛された人格壊れちゃう映画『プリズン・エクスペリメント』。 7月19日(水)より新宿シネマカリテにて公開中です!お見逃しなく!. 実験参加者は、「看守」と「囚人」の2つのグループのどちらかに、ランダムに振り分けられた。 囚人たちは、看守と囚人仲間から、名前では.

自称「筋肉バカ」の男性。背が高く体格がいい。序盤ではゲーテと衝突する。 ・カミヤマ. 年7月3日 19時33分. スタンフォードの監獄実験っていう実際にあった話しは知っていますか? 無作為に集めた学生を『看守役』『囚人役』に分けてその経過を見守るっていう内容なのですが、看守役に分類された学生が本当に看守になりきって暴走してしまいお蔵入りになった実験です。. See full list on cinemarche. 【画像】「看守役」から「囚人役」への暴力がひどい 物語は1971年8月、スタンフォード大学心理学部のフィリップ・ジンバルドー教授(ビリー・クラダップ)が夏休みの校舎を利用して、実験を始めるところからスタート。. 赤い髪の毛のメッシュが入っている女性。ソフィア好き。囚人番号4番。終盤でマリと交替で、看守へ引き立てられる。 ・メソ. 帰宅したドラは胸騒ぎを覚え、大学へ電話をかけます。 誰も出ないので不審に思い、大学へ向かいました。 着信と入れちがいで戻ってきたグリム博士は、監視カメラを見て異常を知ります。 しかし看守たちに囲まれ、「これも実験のうちなんだろう」とグリム博士は言われました。 ベルスに命ぜられ、グリム博士は着衣を脱がされて、囚人用のTシャツを着せられます。 ドラが大学に訪ねてきました。応対したベルスは「警察を呼ぶわよ」とドラに言わ. セミロングの女性。囚人番号5番。開.

単に囚人、看守の服に着替えて刑務所風の質素な生活をし、報酬までもらえるユニークな実験といった程度の認識だったのである。 そして研究者もまた、幾らかの騒動さえ期待したにせよ、さほど大きな問題は起こらないだろうことを予想していたのだ。. 「先輩>後輩」という年齢による上下関係ができており、下の立場の人は上の立場の人の命令には逆らえない。 2. 囚人たちをかばった看守は、囚人にまわされてまたリンチ。 主人公をかばった雑貨店のおじちゃんも、リンチを受けて死亡。 しかも、実験を行っていた側の女性博士も誘拐され、博士は学会に出かけていておらず、暴走がさらに加速。.

マスクをつけた男性。ヒゲ。インフルエンザが治っていないのに参加するとのこと。序盤で一時、寝坊していた。 ・M16(エムいちろく). 看守と囚人を演じさせる実験を行なったところ、指示を出さずとも看守役はより看守らしく、囚人はより囚人らしく振る舞うようになり、看守は暴力的に、囚人は従順になったという結果で知られる「スタンフォード監獄実験」だが、これに対しては実験方法やその結果についてさまざまな批判. 看守役が囚人役を虐待し始めたことで有名なスタンフォード監獄実験を行なった心理学者Philip Zimbardo氏が、イラクのアブグレイブ虐待事件につい. . 。続きは動画をご覧ください。【関連の動画. 長髪の男性。序盤ではイニシアチブを取りたがる。しかしもともと気が弱いため、終盤ではGUMIに仕切られていた。 ・GUMI. マリは21歳の、気の弱い女子大生です。 姉のユマはマリとは対照的に、気の強い女性でした。 ユマは新進気鋭の格闘技雑誌ライターで、夫・コウキと結婚したばかりです。 マリはコウキとユマの新居に、居候させてもらっているところでした。 ある日マリは、姉のユマに、ある実験に応募したと言います。 Vチューバーという、ユーチューバーのバーチャルアイドルみたいなものがありました。 「ソフィア」というキャラクターです。 実験を行ない、それを編集して配信している人気サイトがありました。 このたび、ソフィアのサイトでは、1971年にスタンフォード大学で行なわれた実験を、再検証してみると広く応募者をつのっていました。 スタンフォード大学の実験が、捏造だったという説が出て来たからです。 看守 と 囚人 の 実験 1週間拘束されますが、ギャラは100万円もらえると聞いて、マリは応募していました。 実験の途中でやめると一円ももらえないそうです。 マリは姉のユマに言い置いて、実験に出かけていきました。 〔視聴者〕 ・ユマ.

ユマの妹。内気で命令したくないタイプ。終盤で囚人にかわる。 〔囚人〕(注:スタート時) ・レンズ. 「何かあったら上の人が責任をとる」 3. 「これは命令だから仕方が無かった」 2.

See full list on hm-hm. 以上のことを踏まえて、体育会系の部活動を例にして考えてみましょう。 よくある体育会系の部活動は 看守 と 囚人 の 実験 1. こげ茶の髪の毛の男性。孤独を好む。囚人番号2番。 ・月曜. 看守役は権力をさらに行使 するようになる。 1日3回と決められていた点呼を真夜中にも開始。さらに、夜間のトイレの使用を禁止し、バケツにするよう指示。. 眠りにつく際に、タレクは先日出会った女性・ドラのことを思い返していました。 ドラとの一夜は、タレクにとっては忘れがたいものです。 タレクはドラに、自分の弱点を言っていました。 タレクの父はカメラマンで、家でいばっていました。母はそんな父に逆らえずにいました。 タレクが8歳の時、お仕置きとして父がタレクを暗室に閉じ込めます。 以来、タレクは暗闇とせまい場所が大嫌いなのです(暗所、閉所恐怖症)。 タレクへのお仕置きはエスカレートします。 眠っていたタレクを奇襲した看守は、口にガムテープを貼って連れ出すと、控室で椅子に拘束し、バリカンで頭を刈り上げました。 看守たちは喜びますが、ボッシュだけが同情的な目で見ています。 ベルスはタレクに「明日、釈放を願い出ろ」と言いました。 (「釈放」=「実験の中断」。中断するとバイト代がもらえない) 〔4日目〕 タレクが坊主頭になっているのに気付き、トーン教授が呼び出して聴取をします。 看守 と 囚人 の 実験 しかしタレクは「散髪を自分から頼んだのだ」と言い、釈放の件もつっぱねます。 ベルスは、タレクが残ることも読んでいました。 タレスが自分の意志で残れば、またいじめることが出来ます。. マリたちは、コンクリートが打ちっぱなしの大きなスタジオに集められました。 Vチューバーのソフィア役の音声から、説明を受けます。 実験に参加するのは、12人の男女です。 6人の看守と囚人とに別れ、それぞれの役割を演じることが、要求されます。 看守用、囚人用の服も用意されており、実験が終了するまでの7日間、カメラで撮影されます。 スタジオの隅っこには、4m四方の大きな檻がありました。 【暴力などの法律違反が起きた場合、ソフィアが即刻、中止を宣言する】 【すべての電子機器を持ち込んではならない】 【外部と接触してはならない】 【配置されている撮影機材に触れてはならない】 先にソフィアからルールが説明されます。 看守 と 囚人 の 実験 〔1日目〕 食事の時間、囚人には流動食のようなものが渡されました。 囚人たちのあいだでは、「犬のエサ」と文句が出ます。 メソがリタイアを言い出しました。 開始1時間で、メソは立ち去ります。 対照的に、看守側にはハンバーグなど、ちゃんとした食事が出されます。 その食事を食べながら、ゲーテが、ルールを決めようと提案しました。 自分たち看守が囚人を統率するためのルールです。 たとえばメソのように、「食べ物がいや」というそれだけの理由で、囚人が簡単に逃げだしたら実験にならないと、ゲーテが例を挙げます。 看守長を決めようとゲーテが言いますが、M16、Hも看守長になりがたり、話は物別れになりました。 【囚人が実験をやめる場合、看守の過半数の同意が必要】 【看守は二人組の三交代制】 【看守が実験をやめる場合も、囚人と同条件】 といったことが、看守の話し合いで決まります。 レンズがトイレに行きたいと言い、マリが付き添おうとしました。 しかし危ないので 【囚人が牢獄を出る場合、同性の看守が付き添う】 ことも決まります。 〔2日目〕 看守は「Hとマリ」「カミヤマとM16」「ゲーテとGUMI」という二人組が決まります。 看守でいばっているのは、開始早々はゲーテとM16でした。 ヤマネがトイレでふざけたので、苛立ったM16が牢獄に戻す際、ヤマネを蹴ります。 それを見たグレが、代わりに怒りました。 夜の交代の際に、ヤマネがまたトイレへ行きたいと言います。 ちょうどマリしかおらず、急かされたマリは異性ですが、付き添おうとしました。 するとヤマネがマリを襲います。. 与えたところ、看守は”看守らしく”振る舞うようになり、 囚人に暴力などを振るうようになった、と”言われている”ものです。.

汚れた服を着せられたタレクに、看守のボッシュだけが同情的でした。 それに気づいたタレクは、ボッシュに頼みごとをします。外へ郵便物を出してほしいと言いました(記者として、上司に連絡する内容のもの)。 タレクにドラが面会に来ていました。タレクは驚きます(嬉しい)。 ドラは、タレクの部屋に入って契約書を見つけたと言いました。 ドラはカナダに帰るので、一緒に来てほしいと頼みますが、それは実験の中断、記者の仕事もボツになるということなので、タレクは断ります。 タレクはドラに、あとで看守のボッシュが接触するから、そのメモを上司に渡してほしいと頼みました。 ボッシュがドラに接触しようとしますが、看守に気付かれて止められます。 ベルスがドラに会い、「気が変わったらしい。キャンセルだ」と言い、ボッシュは裏切り者とされます。 監視カメラのスタッフ、ラースと会話をした看守たちは、トーン教授が会議で留守だと知りました。 実験の中断を決定する者が不在と知り、看守たちは今が囚人たちを懲らしめるチャンスだと思います。 ボッシュが看守たちにリンチされ、脱落した53号の囚人服を着せられて房に入れられました。 それを監視カメラで見たラースは、急いでトーン教授に電話をしますが、留守番電話でした。メッセージを吹き込みます。 その後、ラースも看守に暴行を受け、連行されました。. ユマの夫。スチールカメラマン。視聴者。 〔看守〕(注:スタート時) ・ゲーテ. 当然の事ながらこれは心理学の実験ですから、始めのうちは看守役・囚人役ともに「役割を演じている」という意識があったようですが、管主役の人間達は次第にその立場に馴染み始め、自発的に囚人役の人たちに対して色々な罰則を与えるようになった. 囚人は従順に、看守は強権的になったのだ。 監獄の運営には、看守のシフトや食事の与え方など、いくつかのルールが決められているが、細かな. . ナチスで最もサディスティックな拷問をした女。囚人の皮膚でおぞましいものを作り狂喜していた. · アメリカのスタンフォード大学監獄実験では、心理学者の監視下、 一般から公募した人々に、刑務所で看守役と囚人役をやらせたところ、 全員、徐々に自分の役に本気になっていき、看守が暴力的になり、 最後には、ケガ人も出て実験中止になりました。.

ショートカットの女性。地下アイドル。実験に当初からノリノリで、4日目くらいから看守として支配する。 ・H(エイチ). 実験への参加は、看守役は1日8時間3交替制、囚人役は交替制ではなく「24時間ずっと」参加しました。 実験開始から時間が経つにつれて、看守役は囚人役に対して残酷で非人間的な扱いをするようになり、囚人役は無気力・抑うつ的な状態に陥りました。. また「監督・指導者>(先輩・後輩含む)部員」という上下関係もあり、同様に下の立場の人は上の立場の人の命令には逆らえない。 という、上下関係に基づいた集団となっています。 なお、部内全体の上下関係はピラミッド上に「監督>指導者・コーチ>上級生>下級生」という構成になっていることが多いでしょう。.

度付きのサングラスをかけている、茶髪の男性。囚人番号3番。 看守 と 囚人 の 実験 ・ヤマネ. 食事の際、82番のシュッテが牛乳を残します。 タレクはタクシードライバーの仕事をしている際に、よくシュッテの雑貨店に買い物に行くため、顔見知りでした。 シュッテが咎められているのを見て、とっさにタレクはシュッテの分の牛乳を飲み、切りぬけます。 しかしその行動を見て、38番のシュタインホフが「バカな奴め」とタレクに言います。 目立つ行動をしたタレクを、戒めたのでした。 看守側ではエッカートが、囚人に優しすぎると控室で責められました。 エッカートはむきになり、監獄へ行くとタレクを呼び出し、腕立て伏せ20回を命じます。 タレクがすぐに応じなかったので、連帯責任として同室のシュタインホフとジョーも、腕立て伏せをすることになりました。 それを見た他の房の者は、にわかに緊張し始めますが、まだ「実験だ」という甘さも残ります。 〔2日目〕 起床の合図があり、きびきび行動することが囚人に求められました。みんな言うことに従います。 食事の際、82番のシュッテがまた牛乳を残しました。 飲めと要求されたシュッテは「アレルギーだ」と嘘をつきます。 タレクは前夜のことがあり、「シュッテのために!」というと、罰の腕立て伏せを始めます。 するとみんなもシュッテのために、腕立て伏せをその場で始めました。 囚人に先手を打たれ、看守側の面目が丸つぶれになります。同時に「タレクは問題児」という認識が、看守側に強く刻まれました。 シュッテの牛乳アレルギーが本当だった場合、無理に飲ませると命に関わるので、事態の真偽の確認も、看守側にとっては問題です。 ベッドを綺麗に整えているか看守がチェックをし、いやがらせのためにタレクの整えたベッドをわざと乱して、「整えろ」と命令します。 タレクは枕をわざと房の外に出し、「取りに行け」と言われた際に、看守を檻に閉じ込める仕返しをしました。他の房の者は大喜びです。 しかし38号のシュタインホフだけは、冷静でした。事態を冷静にみています。 看守側は、タレクをなんとかおとなしくしたいと、控室で考えました。 ベルスが「本に書いていたことなのだが、屈辱を与えるのが一番らしい」と発言します。 房の照明を落として真っ暗にし、看守たちは消火器を噴霧して、全員から着衣を剥ぎ取り、手錠で房に繋ぎました。 この行為に対し、トーン教授は看守側を呼び出して「監獄の秩序は守られたが、適切な解決策. ちなみに、自分が不正行為や納得できないことに手を染めてしまったときに、罪悪感や言葉にできない不快感を感じるものです。 そういった感情は 1. 囚人たちを逃がそうとしたマリに、懲罰が与えられます。 マリは囚人に格下げされ、メソの服を着て檻に入れられました。 動画配信サイトを見ていた姉・ユマは、警察に通報します。 警察に訴えますが、「事件が起きているわけではないから」という理由で、相手にされませんでした。 事件が起きてからだと遅いと、ユマは怒ります。 〔5日目〕 グレとマリは檻へ入れられます。 前日ゲーテは意気地がないことが発覚し、GUMIがいばり始めました。 【囚人は連帯責任を負わなくてはならない】 というルールを、GUMIが決めます。 囚人から看守への抜擢を考えたGUMIは、Jヨンを看守へ繰り上げました。 Jヨンは大喜びして、調子に乗ります。 動画配信サイトを見ていたユマと夫・コウキは、実験の場所がCMスタジオではないかと考えます。 場所を特定し、ユマとコウキは乗り込もうとします。 マリをシャワーに連れて行ったカミヤマは、優しく接しました。 カミヤマはマリに好意を寄せており、迫ります。 マリが断ると、カミヤマは心外だというふうに憤りました。 グレがトイレの際に反乱を起こします。 囚人と看守のあいだで諍いが起き、レンズを取り押さえようと、M16とカミヤマがのしかかりました。 下敷きになったレンズは、圧死します。 レンズが息をしていないと知り、M16は動揺しました。 みんな、警察へ連絡しようと言い始めます。 人殺しだとGUMIが騒ぎ、動転したM16は、GUMIの首を夢中で絞めます。 そんななか、マリは「ソフィアはここにいる」と言いました。 Hがソフィアだと、マリはみんなの前で言います。 マリが個室で泣いたことをHが知っていたことから、マリは「Hは動画を編集する権限を持つ」=「Hがソフィア」と説明しました。 Hがソフィアだと認め、その場を去ろうとします。 直後、停電が起きました。みんな混乱します。 全員が、気絶しました。 再び電気がついたときに、マリたちは、Hが檻の中で死んでいることに気づきます。 GUMIの遺体を見て、ゲーテはM16に「殺してくれてありがとう」と言いました。 ゲーテは錯乱しているようです。 ゲーテはGUMIの遺体を蹴りました。 そこで、M16は「お前が蹴ったからGUMIが死んだ」と言い、互いに責任のなすりつけあいをします。 マリが「Hはソフィアじゃない」と自分の発言を撤回しました。 「ソ.

看守 と 囚人 の 実験

email: arivamu@gmail.com - phone:(184) 625-5164 x 5879

綾 鷹 イラスト - Instagram

-> バンドリ 2 期 6 話
-> のび太 変 顔

看守 と 囚人 の 実験 -


Sitemap 1

トム フェルトン 画像 - なくなっ ネタバレ