ホーキング 理論

ホーキング

Add: dyvir57 - Date: 2020-12-13 20:39:57 - Views: 2837 - Clicks: 9613

年3月6日(水)放送。「人類は宇宙に移住すべき」「人工知能が人類を滅ぼすかもしれない」。車いすの天才物理学者ホーキング博士が残した. ホーキングの有名な、それでいて実証不可能な業績のひとつに、1983年にカルフォルニア大学サンタバーバラ校の物理学者ジェームズ・ハートルと共同で提唱した「ハートル・ホーキングの無境界仮説」という概念がある。無境界仮説によると、もし時間をさかのぼってビッグバン前にたどり着けたとすれば、そこには空間や時間の概念自体が曖昧になってしまう場があるという。 そこは「特異点」のようなはっきりとした点ではなく、むしろ北極を見渡せばどの地点が正しく北極点なのかわからなくなるように、境界のない、スムーズなものなのだとホーキングは形容する。 「時空の過去には境界が存在しなかったというのが、宇宙初期の物理的なコンディションであったはずです」と、ホーキングは理論を説明する動画で語っている。無境界仮説の要となっているコンセプトは、原子のように小さな特異点は、粒子のようにも波のようにも振る舞うことができるという量子論的な概念だ。「無境界仮説は量子重力を基にしたビッグバン・モデルなのです」 しかし量子論を用いた仮説は途方もない可能性をも内包する。今回の論文の共著者で、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学の物理学教授であるトーマス・ハートグ博士は、『WIRED』日本版の取材に次のように説明する。「わたしたちは徐々に、無境界仮説のモデルはひとつの宇宙だけではなく、無限の宇宙をつくり出してしまうことに気づきはじめました。それらは並行して存在する宇宙の集合体のことで、マルチヴァース(多元的宇宙)と呼ばれています」. この音速の事象の地平面で生成されるフォノンの振る舞いを見た場合、一部は事象の地平面の向こうへ捕らえられるが、対で生まれた一方は脱出することが確認出来たという。 これはあくまで擬似的な実験だが、十分にホーキングの理論的予想を支持する証拠だという。 新しい実験では、この粒子反粒子と等価な音波のペアをより強い信号として観測することが出来たという。それにより、事象の地平面に起こる現象について、より有効な検出方法を提供できるという。 ホーキング放射により検出される温度は、高くても60ナノケルビンというとてつもなく小さいエネルギーだ。今回の研究では、そんな非常に小さい事象の地平面の放射を捉えるために、検出方法をかなり更新させたようだ。 擬似的なブラックホールと、そこで起きる現象の測定がだいぶ安定してきたので、研究者たちは次のステップとしてこのホーキング放射という現象が時間と共にどのように変化していくかを今後は実験を繰り返すことで明らかにしたいと語っている。 ブラックホールが作れなくても、擬似的なものなら作れる。実験物理学者の執念は本当にすごいものだ。 ちなみにブラックホールが蒸発すると言ってもそれは非常にゆっくりとしたものだ。太陽と同じような質量のブラックホールが合ったとしても、それが蒸発するには兆や京を超えた桁の年数が掛かるという。 もはやスケールが違いすぎて我々には意味がわからない。. これをホーキング輻射という。1974年、スティーブン・ホーキングにより理論的に示された。ホーキング輻射によりブラックホールのエネルギーは減少していき、その結果ブラックホールは蒸発すると考えられている。 4. &92;displaystyle T= &92;frac &92;hbar c^ 3 ホーキング 理論 8&92;pi kGM ここで k は ボルツマン定数 、 ホーキング 理論 M はブラックホールの質量である 。. ホーキング博士は若干21歳のときに筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されてから、実に55年を死と隣り合わせで生きてきた。それでも彼は前向きに、ときに「障害のおかげで、教鞭を執ったり退屈な会議に出席したりする義務で時間を無駄にすることなく、研究に没頭できる」と、ジョークを飛ばしながら、われわれに宇宙の魅力を伝え続けてくれた。「死後の世界は存在しない」とは生前の博士の主張だったが、はたして生命の特異点に境界は存在したのだろうか。 「最後の論文は、20年近くにわたる宇宙の起源に関するわたし達の対話の集大成とも呼べるものです。わたしとスティーヴンは、ようやくマルチヴァースを制御でき始めたと感じられるこの論文が、本当に気に入っているのです」と、ハートグは語る。 彼らのセオリーが正しいかどうかは誰にもわからない。とはいえ、われわれはいずれ、真実にたどり着くことができるだろう。できるはずだ。ホーキングもこう言い遺しているではないか。「人類の努力には境界がないのだから」と。.

特に、「ブラックホール理論」に代表される、その独創的な宇宙論は世界的に有名となりました。 スティーブン・ホーキングはオックスフォード大学とケンブリッジ大学で物理学や宇宙論を専攻。 1966年ケンブリッジ大学で宇宙論の学位を取得しました。. スティーヴン・ホーキング博士(Stephen William Hawking 1942年1月8日 – 年3月14日) イギリスの理論物理学者。 著書『ホーキング、宇宙を語る』は、1,000万部以上のベストセラーを記録。. ケンブリッジイギリスの理論物理学者。フルネーム Stephen William Hawking。1962年オックスフォード大学を卒業したのち,1966年ケンブリッジ大学トリニティ校で学位取得。1977年には同大学教授. 一連の貢献からひとつを挙げても、ホーキングをこの時代において最も影響力のある理論物理学者のひとりであると言っていいだろう。しかし、彼を真に偉大な人物にしたのは、彼が目の前の逆境を乗り越えながら成果を生み出してきたという事実である。 「わたしは彼のケンブリッジの自宅を訪れ、一晩を過ごしたことがあります」と、ペンローズは振り返る。「スティーヴンはベッドに行くとき、すべて自分でやり遂げようという固い決意をもって、階段をはい上がって行きました。それには20分かかりましたが、だからといって決して怖じ気づいてやめようとはしなかった。彼はわたしが知るなかで、最も強い意志をもった人物のひとりでした」 ホーキングの人生すべてが離れわざだった。毎日が生命の維持に必要な複雑かつ計画的な作業の連続だったが、それを彼は介護者たちの助けを借りながら、その純粋なる個性と独特な茶目っ気をもって乗り越えてきた。 「ケンブリッジでよく語られていたんだが、スティーヴンがどのくらいの頻度で車いすで人をひくのか、というジョークがあったんだ」と、宇宙学者のマゲイジョは笑った。「あるとき彼はわたしを廊下で本当にひいてしまって、彼のひざに倒れこんでしまったことがあるよ」. ブラックホールの 絶対温度 T が次式で定義される 。. とはいえ、ホーキングの最後の論文は、決してマルチヴァースの存在を証明するものでも、それらを検出するための構想でもない。あくまで、われわれの宇宙の存在がマルチヴァースのフレームワークでも予測しきれるのかを、数式的に模索するものだ。 「無境界仮説は初期の物理的コンディションのモデルであり、それはわれわれの親しんだ空間や時間の概念が、どのようにして量子状態にあった宇宙から出現できるのかを描写するものなのです」と、かつてホーキングは語っている。 新たに発表された無境界仮説の進化版は、量子理論と古典物理学をうまく統合させるための予備的な数式とも呼べるものだ。それは、宇宙が量子論の支配するインフレーションから誕生し、そのあと宇宙の進化とともに古典物理学が出現することを描写する。 言い換えると、厄介なマルチヴァースの存在を予測するインフレーション時期を経ることで、宇宙には古典物理学の決定論的な「時間」が生まれるのだ。しかしこの途方もない仮説は、どうにかして実証可能なのだろうか? 「われわれの宇宙でビッグバンからの重力波を観測できれば、この宇宙は非常に急速な膨張──インフレーションによって誕生したという証拠になります。無境界モデルはインフレーション理論の完成形であり、それはマルチヴァースの存在をも描写するものです。ビッグバンからの重力波は、宇宙の量子起源に追随するものとなり、それは宇宙の歴史に大いなる統合をもたらすでしょう」と、ハートグは説明する。 「現在の宇宙の膨張は、ビッグバンからの重力波は非常に長い波長をもつことを意味しています。地球上からの観測では検出することはできないでしょうが、将来的に宇宙での重力波実験ができれば、これを直接検出できるかもしれません。そうなれば、本当にビッグバンに聞き耳を立てることになるのです」. ホーキング>すなわちわたしのこの理論は、時空には始まりはなく、神による一撃もない。 つまり ビッグバン はないというものです。 私のいう「境界」をもたないとは空間だけではなく、時間の球面のような宇宙モデルを考えることです。.

宇宙史を語るとき、われわれはその物語のプロローグに思いをはせる必要がある。 この宇宙が誕生して138億年。現在の観測可能な宇宙は、星や銀河がまるでクモの巣のようにまだらに分布していて、それら全体が等方的な膨張を続けていることが、観測によって明らかになっている。 重力は物質同士を引き寄せることで、宇宙空間に密度が高い部分と低い部分をつくり出し、現在見られるまだらな姿を形成した。時間の矢を逆にたどってみると、おそらく過去の宇宙は現在よりも小さく、より密度や温度が高く、より均一だったと考えるのが理にかなっている。 さらに過去にさかのぼっていくと、宇宙に銀河や星が生まれる以前の時代や、原子や原子核が存在する前の時代まで想像できるかもしれない。そうやって宇宙の始まりまで時間を巻き戻し、縮小する宇宙を想像していくと、宇宙全体の物質、エネルギー、そしてありとあらゆる可能性が凝縮したひとつの「点」に突き当たる。 ホーキング 理論 1970年、特異点定理研究の先駆者である物理学者のロジャー・ペンローズとホーキングは、もしアルバート・アインシュタインの「一般相対性理論」が正しければ、宇宙の始まりには重力や密度が無限大になり、古典物理学が破綻してしまう「特異点」が存在せざるを得ないことを証明した。 ところが、宇宙の始まりを予測しうると期待された特異点定理には、宇宙が“どのようにして”始まるのかという解釈が欠けていた。さらに古典物理学が破綻してしまうとなれば、正しく宇宙の始まりを描写しうる別の理論が必要とされているのは明白だった。 もし特異点が原子のように非常に小さな点ならば、ミクロの世界を説明できる量子論が、ここで最も適した道具となる。宇宙の始まりを破綻なく描写するには、一般相対性理論と量子論をどうにかして統合しなくてはならない。. 統一場理論としてのm理論に希望を託していたホーキング博士は、実験的な検証を待たずにこの世を去った。 加速器実験や重力波観測で検証されれば、アインシュタインやホーキング博士が夢見た統一場の理論がいよいよ. その後もホーキング博士は、精力的に学問の道を突き進んでいった。 1974年には有名な「ホーキング放射」理論を発表する。. そして、その発見はさらに“遠い”地点にまで及んでいった。 ホーキングは、アインシュタインの一般相対性理論のような非常にスケールの大きい法則と、量子物理学ような非常にスケールが小さい法則を融合させた最初の人間のひとりだった。彼はブラックホール付近にある量子がどのように振る舞うのかを考え、ブラックホールが熱放射のかたちで放射能を照射すると推測した。 これはのちに「ホーキング照射」と名づけられた。この理論は、ブラックホールが放射能を照射すると、蒸発するところまで縮小していくことも示唆した。それは当時の常識を覆すようなアイデアだった。ホーキングがカンファレンスで彼のアイデアを発表したとき、腹を立てた司会進行役は「悪いが、これは完全にゴミのような理論だね」と、彼に告げたのだという。 その後も重要な発見がいくつも続いた。80年代にホーキングは銀河について、宇宙初期の熱の不規則性から誕生したのだと説明した。それはのちに、宇宙の爆発的な膨張に伴って拡大していったのだという。90年代、彼はブラックホールにおける情報の喪失という本質的な問題と格闘した。結果的に彼は、いくつもの有名な“賭け”に負けることになった。. ホーキング博士は1975年に、 ブラックホールのホーキング放射 と呼ばれる理論結果を提唱しました。.

. ホーキングの頭の深い次元へと最も近づくことができたのは、有名なドキュメンタリー監督であるエロール・モリスかもしれない。モリスはドキュメンタリー映画『A Brief History of Time』を、スティーヴン・スピルバーグのサポートを受けて撮影した人物だ。 ドキュメンタリーの撮影中、ホーキングのケンブリッジ大学のオフィスを再現したセットで、マリリン・モンローの写真数点を含む写真のひとつが壁から外れた。ホーキングは「A fallen woman(落ちた女性)」とタイプした。 それを見て、モリスはこう言った。「あなたがなぜマリリン・モンローに引きつけられるのか、ようやく分かりましたよ。彼女はとても賢い人だった。人々は彼女の知性よりスタイルに喜んでいましたけれどね」。ホーキングはモリスにとても不思議そうな表情を見せたのちに、「イエス」と言った。 モリスは彼の有名な著作を、多くの人間が受け止めていたように「物理学者の最高傑作」としてではなく、自叙伝的な投影だと解釈していた。ホーキングがブラックホールのことを、基礎的な法則に支配されたほかの世界から隔離された宇宙の一部であると記したことについて、モリスは彼が自身の体の内面の状態について語っていたと考えていたのだ。 わたしがホーキング教授に会う名誉にあずかった最後の機会は、年の暮れのことだった。高名な理論物理学者の若い熱烈なファンとしてではなく、ジャーナリストとして取材するのは奇妙な体験だった。 このときホーキングは顔の筋肉を動かす能力の一部を失っており、手は完全に動かなくなっていた。彼のハンドクリッカーは、頬の筋肉を動かすことで起動できる赤外線センサー付きの眼鏡に置き換えられていた。そこから、彼のたったひとつの筋肉が、世界で最も魅力的な頭脳と外の世界とのコミュニケーションの架け橋である、ということが理解できた。 そのとき、わたしは『WIRED』UK版の特集で彼を取材し撮影するために、英国人写真家のプラトンと一緒だった。『WIRED』の特集の取材は、ホーキングにとって2度目の経験だった。 ホーキング博士が亡くなったあとに『WIRED』UK版がTwitterに投稿した動画には、特集のために写真家のプラトンが撮影した博士の写真が使われている。再生すると合成音声による博士のメッセージを聞くことができる。 プラトンは、. ホーキング博士の名前は、特異点理論によって世界中に広まったのだ。 2-2 ベストセラー作家としても人気に. . 師弟コンビであるホーキングとペンローズは対極に位置する哲学をもっていた。ふたりは独自の宇宙論を展開するが、行き着いた先はともに.

ホーキング博士が打ちたてた 「ブラックホールと情報の矛盾に関する理論」って何ですか? ベストアンサー:簡単に言うと下記のことです。 ホーキング博士の意見 ブラックホールに吸い込まれた物質の情報は、ブラックホールの蒸発が起きようとも外部に漏れ出さない。. あるAnonymous Coward 曰く、ホーキング博士はレナード・ムロディナウ氏と最新の共著「A Grand Design」にて、「万物の理論など見つからないものかもしれない」と記しているそうだ(Physics Buzz、本家/. われわれが大学院に進んだ理由の大半は、なんといっても彼だった。わたしは多感な15歳のときに、ホーキングの著書『ホーキング、宇宙を語る(原題:A Brief History of Time)』を苦労して読んだ。ほとんど何も理解できなかったが、そこに描かれていた奇妙な、想像上の、計り知れない宇宙に心をとらえられたのだ。 それは宇宙ひもやブラックホール、余剰次元、そして時空旅行からできていた。それらのアイデアのなかに、実験的に確証されているものは非常に少ないことが明白だった。だが、わたしの同僚たちが確実にそうであったように、わたしにも奇妙な影響を与えていた。それがあまりに魅惑的に感じられたので、もはやそれは真実でなければならなかったのだ。こうしてわたしたちはそのエキゾチックなコンセプトにとらえられ、研究に傾倒した。 ホーキングは1965年にケンブリッジ大学の博士課程の学生だったとき、若い数学者だったロジャー・ペンローズのアイデアに夢中になった。ペンローズは、もしある一定以上の重さをもつ星が自身の重力によって破裂すると、それはブラックホールという、たとえ光でさえも逃れられないものに変わるという理論を立てた。 ブラックホールの中心には、無限の密度をもつ時空の一点である特異点が存在する。ホーキングはこれとまったく同じ観念を使い、宇宙全体に当てはめ、時間を逆流させ、宇宙全体が特異点から始まったのだと予測した。 この理論を、のちにホーキングは博士課程の論文『膨張する宇宙の性質(Properties of Expanding Universes)』として公開した。やる気がないとみられていた若い学生の将来が、ここから始まったのだ。. 事象の地平面というのは、ブラックホール周辺で光子さえ脱出不可能になるポイントのことを指す。 光子さえ脱出できないので、事実上これより内側の空間は観測することが不可能になる。この中が空間と呼べる状態なのかどうかも怪しい状態だ。 この事象の地平面は、滝壺に例えられることがある。映画やアニメの絶体絶命なワンシーンとしてよく見かける、激流に流されて滝壺に落ちかける状況。この激流を重力に例えた場合、滝壺が事象の地平面に相当するというのだ。 いくら頑張って激流に耐えようと、滝壺に落ちたらひとたまりもない。流れに逆らうこととはまさに次元の違う問題だ。 事象の地平面に捕らわれるとは、まさにこの滝壺に落ちることに等しいのだ。 そのため、ブラックホールは全てを飲み込み、何者も脱出できない。つまりは何の放射も行わない。というのがこれまでの定説だった。しかしホーキング博士は、そんな定説とは異なり、事象の地平面からも何らかの熱的放射が存在するという予想を述べたのだ。 そしてそれにより、ブラックホールは徐々に蒸発して消えているというのだ。 一体どうやってそんな凄まじい重力の境界から放射が起こるのだろうか? ブラックホールが蒸発するとは何なのか? これには粒子・反粒子の存在が関係している。何もない真空中では、実は常に粒子と反粒子というペアの物質が生まれ続けている。 真空と粒子・反粒子を考える場合、綺麗に玉の埋まった壁のようなものを想像してもらえばいい。滑らかな平面の壁に何か衝撃が加わると壁にハマった玉がぽろりと外れる。するとそこには落ちた玉と、玉の抜けた窪みが現れる。 滑らかな壁が真空の状態とすると、壁から抜けた玉と穴は、それぞれ粒子と反粒子と言える。実はこのような原理で、真空中では絶えず粒子と反粒子のペアが生まれ続けているのだ。これを対生成という。 宇宙は無から生まれたと言うが、それはこの対生成によるものだと考えられている。ただ、この穴と玉は強く引きつけあっている。粒子・反粒子のペアは生まれた瞬間、すぐにまたくっついて元の真空へと戻ってしまうのだ。これを対消滅という。 ところがこの現象が、ブラックホールの事象の地平面で起こった場合、反粒子だけがブラックホール内へ捕らわれ粒子だけは逃れるような状況が発生することがある。 素粒子の世界では、あまりに構造が基本的なためにそれぞれの粒子に違いがな. 【5月7日 AFP】英国の宇宙物理学者、故スティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士の死後に発表された新たな論文によって、天文学者らを. ほとんどの人が、理論物理学の非常に数学的な詳細までを習得する時間なんて持ち合わせていませんからね。 でも、宇宙の仕組みと、その中における人類の位置付けについての全体像を捉えることは、誰にでも可能ですし、また、そうあるべきだと思ってい. またそれは、長くても2年しかもたないと医師たちに宣告されていた将来であり、人生であった。ホーキングはそのとき、全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋委縮性側索硬化症(ALS)の初期段階に入っていたのである。 134ページに及ぶ博士論文は、彼の聡明な知性による著作の始まりだった。それと同時に、すでに弱っていた彼の手でペンを持って署名できた最後の機会のひとつだったのであろう。 理論物理学者の多くにとって、紙と鉛筆は科学を探求するうえで究極のツールと言える。手の自由を失うことは、能力を失うに等しい。だがホーキングは、その繊細な運動能力が失われたとき、揺るがない落ち着きをもって適応していた。 彼は複雑な演算や長い数式に関する優れた記憶力を発揮し、まるでモーツアルトが交響曲を頭のなかで作曲していたように、頭のなかで宇宙を“観測”していたのだ。そして、それを強みへと変えていった。 当然のことながら、アルバート・アインシュタインは相対性理論の基礎の大部分を、独創的な思考実験の末につくり上げた。そうした思考実験を、ホーキング博士はまったく新しいレヴェルにまで引き上げたのだ。 ホーキング 理論 「手の自由を失って数式を書けなくなるにつれて、彼は幾何学的かつ形態的なイメージを頭のなかに描き出す能力を歴史上の誰よりも発達させ、問題解決できる力を身につけたのです」と、ホーキングの長年の協力者で友人であったキップ・ソーンは語る。「それによって彼は、ほかの誰も見ることができないものを見られるようになりました。それは、彼の多くの発見の礎となっています」.

仲田しんじ、ビッグバン、スティーヴン・ホーキング、理論物理学、インフレーション理論などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュース. すごい人がいるものだなぁ、机に向かわなくても学問は出来るのだなぁと世界中の人を驚かせ続けた、天才理論物理学者・スティーヴン・ウィリアム・ホーキング(Stephen William Hawking)博士。 76歳で永眠され. See full list on wired. 一般相対性理論 が予言する ブラックホール 天体には、 量子効果 を考えるならば、 熱 的な 放射 がある、と1974年に ホーキング が提唱した。. ホーキング博士は1980年には「今世紀の終わりには統一場理論が見出されるであろう」といった趣旨の発言をしていたが、 この度の著書では自らこの説を覆すこととなった。.

ホーキングはこれとまったく同じ観念を使い、宇宙全体に当てはめ、時間を逆流させ、宇宙全体が特異点から始まったのだと予測した。 この理論を、のちにホーキングは博士課程の論文『膨張する宇宙の性質( Properties of ホーキング 理論 Expanding Universes )』として公開した。�. ホーキングはまず宇宙インフレーション理論の限界を指摘し、ついで泡宇宙の問題を整理する。 泡宇宙というのは、宇宙には相転移がおこりうるのだが、そのなかには破れた対称性による“泡”のような現象が古い相のなかに生じることがあるというもので. アインシュタイン理論は、必ず破綻してしまうのです。 これが、いわばホーキングの「デビュー戦」でした。アインシュタイン理論が完全ではないことを論理的に証明するところから、彼のキャリアは始まったと言っていいでしょう。. イギリスの理論物理学者、スティーヴン・ホーキング博士は、私たちはもっと差し迫った危機に直面していると語った。それは、私たち自身の. われわれの宇宙は、過去に宇宙全体が指数関数的に急膨張する長期間のインフレーションを経験することによって、誕生した可能性が高い。ところが、量子理論的な側面のある無境界仮説は、いったん宇宙のインフレーションが始まると、宇宙全体が一様に急膨張したり止まったりするのではなく、局所的にインフレーションを続ける領域がいくつも現れることを予測する。 これは「永久インフレーション」と呼ばれ、結果的に宇宙内に、ありとあらゆる可能性をもつ独立した宇宙領域、または“泡”をつくり出す。つまりそれぞれの“泡”が、異なる物理定数をもつ無限のマルチヴァースを生み出すことを理論的に予測してしまうのだ。 それは、われわれの住む誰かに微調整されたかのような物理定数をもつ「宇宙」を、無限に存在するマルチヴァースのひとつとして説明できるかもしれないが、観測や予測を踏まえた証明が実質的に不可能となる。これでは科学的な理論として成り立たず、その解釈に裏づけが得られることはない。 「ホーキングはこのような状況に満足していませんでした」と、ハートグは言う。「1年前、彼はわたしに言ったのです。『マルチヴァースを懐柔させてみよう』と。そこでわたしたちは多元的宇宙のアイデアを、検証可能な科学的フレームワークに変換できるような方法の開発に努めたのです」 ホーキングとハートグは、宇宙初期をより簡潔に描写するために、「ハートル・ホーキングの無境界仮説」をさらに数学的に磨き上げた。今回の論文で発表された仮説は、いわば無境界仮説の進化版とも呼べるもので、永久インフレーションのさなかに無限フラクタル的に発生してしまうマルチヴァースを、ホログラフィック理論を導入することで、より扱いやすい有限のセットにまで縮小することを可能にする。 彼らの宇宙論は、マルチヴァースが存在することを前提としている。それはこれまでの歴史を考えると自然な発想だ。人類の視野が広がるにつれて、われわれは惑星、恒星、銀河、銀河団が無数に存在することを知り、われわれのちっぽけな世界がひとつだけではないことを学んできた。宇宙の始まりを追求するにおいて、どうして宇宙がひとつだけしかないと仮定できるだろうか?. ホーキング博士は量子力学や一般相対性理論などを使い、1960年代の後半にブラックホールの存在を示した。 83年には宇宙の始まりを解明する「無境界境界条件」論を展開。. See full list on nazology.

ホーキング 理論

email: vuzebo@gmail.com - phone:(393) 232-8152 x 9427

洞窟 画像 - Instagram

-> 皆藤 アナウンサー
-> 氷菓 漫画 最 新刊

ホーキング 理論 - ブルース ろくでなし


Sitemap 1

ホートン ふしぎ な 世界 の ダレダーレ - ラバーズ